フェイスリフトで長年のコンプレックスを解消しました

子供の頃から顔の脂肪が気になっていました

子供の頃から顔の脂肪が気になっていましたはっきりとした違いが確認できました20代からフェイスリフト手術を受ける人がいる

子供の頃から顔の脂肪が気になっていました。
幼稚園までは太っていたので、顔が丸いのも当たり前だと思っていましたし、自分の容姿も気にしていませんでした。
小学生になると体は痩せたのですが、顔の脂肪はなかなか落ちませんでした。
そうなると丸顔をからかわれるようになり、悩みのひとつとなります。
今当時の顔を見ると、ふっくらはしているものの肌もきれいで理想的なふっくら感に見えます。
しかし当時はパンパンに膨らんだ顔が嫌で、どうにかできないかと思っていました。
当時はインターネットもありませんし、スポーツのために多めの食事を摂る必要もありましたから、特別な対策はしませんでした。
中学校に入るともっと悩みは深くなります。
成長がはやく、大人の体つきになった同級生と比べて顔が幼すぎるのです。
特に子供じみたほっぺたと丸いフェイスラインはコンプレックスでした。
中学生にもなるとファッション誌を読むようになりますから、美容情報も集まるようになります。
マッサージなどが掲載されていたのですが、面倒くさかったので寝ている時に着用するフェイスマスクを購入したました。
広告に載っていたものです。
商品が到着すると早速、試してみました。
顔の肉が持ち上がっている感じがしました。
1時間ほど着用して外してみると、フェイスラインがスッキリしている感じがします。
その夜も着用したのですが、夜中に顔が痒くなりマスクは外してしまいました。